5パーセントの能力を引出し200%の結果を得る方法

The Silva Method Relearn

SilviaInfo9月号

SilviaInfo9月号
 
卒業生各位

Silva Info 9月号をお届けします。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

北日本では台風の影響も出てくるのでしょうか?
私のいる西日本は台風シーズンにも関わらず晴れ晴れとしたさわやかな
天気が続いています。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

いよいよ世の中は大きな変動を迎えているようです。
北朝鮮の太平洋沖のミサイル着弾。日本も初めて緊急速報が流れました。
我々一般庶民にはあまりピンとこないことだった戦争危機が身近に感じてくるように
なった出来事です。
我々の生活や環境自体が変わる可能性もないとは言えなくなりました。

一方国内の景気は株の上昇の割には景気が良くなる実感がありません。
2019年末~2021年にかけて経済危機(大恐慌)がおとずれるなんてこともささやかれ始めています。
もし、預金封鎖ににでもなったらあなたはどうしますか?
そんなことはあり得ないと思っているでしょうが、ありえない話ではないのです。(この話は趣旨が違うように思いますが今回はぜひともして知らせておきたいので…以後も記述します。)

なぜこのよう話題に触れるのか?

一見Silva Methodとは関係がないように思えるでしょうが、これからは個人の問題だけでなく社会全体の問題が各個人に大きく影響される時代が
訪れる可能性が十分にあり、個人、個人がこれからの変化の激しい時代に対応を迫られてくるかもしれないからです。
それに対応できる情報はすべて集まらないかもしれません。
そういう時こそ皆さんが習得したSilva Methodを活用できると思うからです。

まずは皆さんが生活していく上で必要な経済的不況の問題は大きく左右することは必然であり、情報は早くつかんでおくことが重要です。

私の最近の情報をお伝えしましょう。

私が最近最も信用している吉田繁治さんの著書から抜粋をしていますので読んでください。

先週経済部門、アマゾンで1位の本も出版されている人です。彼の以前出版された著書『財政破産からAI産業革命』から抜粋します。

吉田繁治さんは日本政府の財政危機が訪れる時期として、早ければ2018年から2019年、遅くとも2020年から2021年と
予測しています。

ただし、日本政府がデフォルト(国債の償還不能)する確率は70%で、30%は金利抑圧に成功したケースだといいます。
この場合はデフォルト宣言こそしないものの、その後数十年後に渡り、長期の円安が続くことになります。

この金利抑圧が成功した例は第二次世界大戦後のイギリスです。第二次世界大戦後のイギリスは戦費のためGDPの2.4倍の国債を
発行していました。実は現在の日本も2.4倍でほぼ同じ水準です。

通常であればデフォルトとなるのですが、イギリス政府は長期の金利を極端に低く押さえることに成功します。
これによりイギリスポンドは円に対して、戦後の1ポンド1000円から現在は145円と約7分の1にその価値を減らしました。

これは国の借金を国民に押し付けるという意味では同じですが、国民は生活レベルが徐々に下がっていくので
自分たちがこくの借金を押し付けられたことを自覚しにくいというメリットがあります。


この方法は国民の名目の所得額が変わらないので受け入れやすいものです。しかしお金の価値が下がりますから物価はかなり上昇します。
物の値段が上がりますから購買は減少し生活もしずらくなります。

しかし長期に通貨が下落するので、輸入物価がコンスタントに上がり、国民の生活水準もそれに比例して下がっていきます。
つまりはデフォルト宣言であれば、一時的にしろ大混乱になると思いますが、金利抑圧だと真綿で首を絞められるような苦しみを
数十年にも味わうことになるわけです。

どちらがいいのか考えてしう結果なのです。

このように日本政府がとり得る選択肢は2つあります。

これまでよく言われていたのは、日本国債は9割が国内で消化されているので、一気に国民の預貯金と相殺というものです。
この場合はある日突然、預金封鎖を行い、新札を発行して旧札と一定の比率で交換するということになると思われます。

つまりは1万円が五千円になるということです。

経済にただ飯はないといいますが、借金が返せないのであれば踏み倒すか、誰かに押し付けるしかない。
こういうことが日本政府を通して実施される可能性があるということです。

又投資家で有名はジムロジャースは

『2020年までには世界大恐慌その後、通貨は全て紙切れに(上)』
(浅井隆著 第二海援隊)から抜粋。。


安部さんは今の日本を破滅へと導いています。
日本は歴史上、初めての人口減少、高齢化社会を迎えており、青天井に増え続ける莫大な負債がある。
人口の問題を解決しない限り、50年後に残された日本人は、誰も負債を返済できなくなるでしょう。

同様に10年後、20年後には間違いなく破産することでしょう。

巨大に膨らみ続ける国の借金、人口減少と少子化問題をクリアしない限り日本の将来は非常に厳しいということです。

これは皆さんのお仕事にも大きな影響を与えます。
我々の身近に感じる小売業などは自然淘汰されていきます。その顕著なる例が企業の吸収合併です。
皆さんは大手に吸収されていく中小型企業の合併をこの1年見てきたのではないでしょうか。

人口が減ることはこれ以上拡大は出来いのです。そして労働生産力(高齢化社会)の低下は国の富を減少させます。
ますます借金は増大していきます。到底返せない借金です。


まずはこのような状況を見据えたうえで

あなたの今後の生活、未来をどのように創っていくのかはあなた個人にかかっています。
経験したことがない体験をこの現代社会を通してどう生きていくのかを問われる時代に来たとも考えられます。

このような問題をクリアしていくにもマインドの力は大きく作用します。

まずは危機感で緊張しても良いアイデアは出てきません。
まずは情報を集めることから始めることをお勧めしますが、まずは心の平安が大事です。
どのようなときにもSilva Methodのロングリラックスは心を穏やかに導いてくれます。

そのうえで皆さんの潜在意識を目覚めさ作業室でのワークをして助言者の相談をしてみてはいかがでしょうか?


ご興味のおありの方はいかなる質問もお受けします。ご連絡ください。

お問い合わせ/アクセス

お問い合わせ/アクセス

お問い合わせは、お電話かメールをご利用ください。

 電話:090-3038-3627 Relearn 代表:瓜生 毅

 問合せメールフォーム (お気軽にお問い合わせください。)

名前:  住所:  住所:
電話:   メールアドレス:
メールアドレスは必須です。確認と修正ができます。
このお問い合わせのメールを送信すると、送信内容の確認のメールが「メールアドレス」記入欄に入力したアドレスに自動送信されます。
自動送信のメールが届かない場合は、入力したアドレスが間違っている可能性があります。 その場合は、もう一度送信するか、以下のリンクから通常のメールソフトでお問い合わせください。
注:タグおよびURLリンクは記述できません。

メールソフトから送信

 

〒639-2113 奈良県葛城市北花内117-5